松井山手、長尾の歯医者さん|八幡市のあゆみ歯科院長ブログ

八幡市のあゆみ歯科クリニック院長、福原が松井山手の方向けに歯の大切さを綴ります

あゆみ歯科あふれる笑顔ブログ

八幡市のあゆみ歯科院長、福原が松井山手近郊の方々に歯の大切さを綴る院長ブログです。


ある晴れた日の午後

2010/08/30

こんにちは、八幡市、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

先日、とても天気の良い日に、以前から気になっていたある問題を解決いたしました。

それは・・・

交差点から見ると、エントランス上の部分の雨どいだけがグレーで目立ってしまっていること。

DSCN2657エントランス上の縦向けの配管です。

それ以外のところは、建物に合わせて白やブラウンに塗装してあったのですが、ここだけは配管の色のままでした。

12月の頃から気にはなっていたのですが、なかなか手をつけることができずにいたのです。

天気も良く、少し時間もあったということもあり、思い切って塗装をしてみることにしました。

いつものように近くのホームセンター、ムサシに行き、塗料と薄め液、筆などを購入し、さっそく塗装を開始いたしました。

DSCN2658

長くきれいな状態を保ちたいので、時間をあけて2度塗りをしないといけないなあ、と思っていたのですが、

やってみるとその気温のせいか、塗っている直後から乾いていってくれました。

1度目を塗り終わり、ふと一息つくと、もう全体が乾いていたので、そのまま2度目を塗り、完成としました。

暑いときの塗装はきつい、とよく言いますが、時間を待たなくていいというメリットもあるかもしれません。

屋根から降り、改めて写真を撮ってみると・・・

DSCN2668塗装後。配管が遠目からは見えなくなりました。

今まで気になっていた配管が見えなくなっていました。

なんでもやってみるものですね^^

ずっとあゆみ続ける歯科クリニック・・・

治療技術や接客接遇はもちろんですが、

ご来院される方に少しでも、ほんのわずかでも、

よりご満足いただけるよう、よりリラックスしていただけるよう、

あゆみ歯科クリニックは少しずつ、ほんのわずかずつかもしれませんが、

いつまでも前へあゆみ続ける、そんな歯科クリニックでありたいと思います。

また、ちょうど1年くらい前にあゆみ歯科クリニックの建築が始まったのですが、

このような暑い中で、多くの職人さんの方々が柱の一つ一つ、塗装の一つ一つをてがけてくれたのだなあ、

と改めて実感し、とても感謝しました。

多くの方に創っていただいているこのあゆみ歯科クリニックを、いつまでもきれいに、

ずっと成長できるようにしていきたいと思います。

京都 松井山手 八幡 京田辺 あゆみ歯科クリニック

松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック


自動散水システムに挑戦 パート3

2010/05/05

こんにちは、八幡市、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

前回のブログの続きです。

先日、スプリンクラー取り付けまでを行っていましたが、ホースの栓などが見えてしまうのがとても気になったため、GWを利用して、その目隠しをしました。

やってみてビックリしました。

といいますのは、ホースの配線を隠すには、その部分の芝生を一度切って、そこにホースを入れ、また芝生を戻して、芝生同士がつながるように土を引く、という作業になるのですが、

まだまだ根付いていないだろう、と思っていた芝生が意外にもとても固く地面に根付いていたのです。

スコップで全体重をかけないと芝生を切るのが難しいくらいでした。

DSCN2207  DSCN2209 before & after

なんだか生命力の力強さを感じた気がして少し嬉しくなりました^^

自然っていいですね

一時期よく出てきていた言葉で、「ロハス」というものがあります。

LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の(あるいはこれを重視する)ライフスタイル)の略で、1998年にアメリカ合衆国で造語され、日本では2004年頃からライフスタイルを表現する言葉として注目され、

「健康と環境を志向するライフスタイル」

と意訳されることが多いようです。

あふれる笑顔をすべての人に・・・

あゆみ歯科クリニックでは、診療を通して、みなさんがいつまでもおいしく食事ができ、いつまでも明るい笑顔でいられるお手伝いをしていければ、と思っています。

そしてその為にはクリニック自体も体に優しいもの、自然のものがいいのではないかと考え、クロスの壁紙や化学素材やビニール系の床材などを使わず、漆喰や木、石など自然素材を多く使いました。

そうすることで、少しでも皆様にリラックスして時を過ごしていただけるのはないかなあ、と思ったからです。

これからも自然で環境にやさしいロハス的な歯科クリニック、人にやさしくずっと健康・笑顔でおいしく食事をいていただけるような診療、を行っていきたいと思います。

京都 松井山手 八幡 京田辺 あゆみ歯科クリニック

松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック


none

自動散水システムに挑戦 パート3

2010/05/05

こんにちは、松井山手・長尾、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

前回のブログの続きです。

先日、スプリンクラー取り付けまでを行っていましたが、ホースの栓などが見えてしまうのがとても気になったため、GWを利用して、その目隠しをしました。

やってみてビックリしました。

といいますのは、ホースの配線を隠すには、その部分の芝生を一度切って、そこにホースを入れ、また芝生を戻して、芝生同士がつながるように土を引く、という作業になるのですが、

まだまだ根付いていないだろう、と思っていた芝生が意外にもとても固く地面に根付いていたのです。

スコップで全体重をかけないと芝生を切るのが難しいくらいでした。

DSCN2207  DSCN2209 before & after

なんだか生命力の力強さを感じた気がして少し嬉しくなりました^^

自然っていいですね

一時期よく出てきていた言葉で、「ロハス」というものがあります。

LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の(あるいはこれを重視する)ライフスタイル)の略で、1998年にアメリカ合衆国で造語され、日本では2004年頃からライフスタイルを表現する言葉として注目され、

「健康と環境を志向するライフスタイル」

と意訳されることが多いようです。

あふれる笑顔をすべての人に・・・

あゆみ歯科クリニックでは、診療を通して、みなさんがいつまでもおいしく食事ができ、いつまでも明るい笑顔でいられるお手伝いをしていければ、と思っています。

そしてその為にはクリニック自体も体に優しいもの、自然のものがいいのではないかと考え、クロスの壁紙や化学素材やビニール系の床材などを使わず、漆喰や木、石など自然素材を多く使いました。

そうすることで、少しでも皆様にリラックスして時を過ごしていただけるのはないかなあ、と思ったからです。

これからも自然で環境にやさしいロハス的な歯科クリニック、人にやさしくずっと健康・笑顔でおいしく食事をいていただけるような診療、を行っていきたいと思います。

京都 松井山手 八幡 京田辺 あゆみ歯科クリニック

松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック


自動散水システムに挑戦 パート2

2010/05/01

こんにちは、松井山手・長尾、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

昨日のことです。

以前よりの懸案事項であった芝生の水やり。

冬場はあまり水やりをしなくてもOKだったのですが、これからの季節、芝生には毎日の水やりが欠かせません。

とはいうものの面積があるだけに、毎日水やりだけで20~30分かかってしまいます。

なんとかならないものか、と思い、以前のブログに書いたような自動散水システムを設置することにしました。
http://www.ayumiblog.com/archives/51367412.html  以前の自動散水システムについてのブログ

以前はお試しで鉢植えにだけ簡単に設置したのですが、今回は正面側の芝生部分全てに行おう、と思いました。

まずは道具の買い出しです。

以前はパナソニック製とタカギ製で迷って、パナソニック製にしましたが、この製品は、地下散水栓から製品へのホースが洗濯機用である、と少し特殊で、その為にコネクターなど、少し苦労いたしましたので、今回はタカギ製のものを使いました。

ayahadio_4975373014847タカギ製の自動散水システム

後にも書きますが、結果としてこれがよかったです。

給水、排水(水を入れる側と水を出す側)が共に良くホームセンターで売っているようなコネクターが全て使えるので、設置や買い足しなどがとてもわかりやすくて楽でした。

ただ、地下散水栓からだと別売りパーツが一つ必要なので、買い忘れないように注意が必要です。

DSCN2189購入した部品を並べてみました。

まずは地下散水栓に本体を設置します。

上の写真の上の方に写っている銀色のパイプのようなパイプを使うのですが、これの設置にはモンキーレンチあるいはペンチのようなものが必要でした。

とはいえ5分程で設置できると思います。

DSCN2190地下散水栓に延長パーツと本体を設置したところ。

そこから耐圧ホースを伸ばしていき、今回は、スプリンクラー6個と散水ホース(ホースに多くの小さい穴があいていて、そこから水が出る仕組みになっているもの)を使う予定だったので、2分岐コネクタを付けた後、片方に散水ホースを取り付けました。

DSCN2204散水ホースからコンクリート部分に向けて水が出ています。

上の写真の青いホースが自動散水ホースです。まずは10mのものを設置しましたが、延長も可能なので、あと5m延長しようと思います。

今回水の出る向きを建物のコンクリート側に向けました。

なぜかというと・・・物凄い勢いで水が出るんです^^

それぞれの穴が小さいからでしょうか。少し水を出すだけで、かなりの勢いです。

道路に向けると、歩道にも水がかかってしまうため、建物側に向けて、コンクリートから水を滴り落ちさせるようにしました。

かなりいい具合に芝生に水がしみていったり、滴り落ちるようになりました。

この商品は通常の使用だと、かなり広い面積の場合に向いていると思います。

現状では青いホースが見えてしまっているので、土をかぶせるか埋めるかしないといけないですね^^

そしてこれともう一方の分岐(スプリンクラーの方)に、さらに5分岐のコネクタを付けます。

DSCN22025分岐コネクタ

今回は合計で6個のスプリンクラーを使う予定なので、さらにそこから4分岐のコネクタを使います。

ホースから直接分岐させるのはこの5分岐コネクタだけで、もっと数がほしい場合は、

ここから伸ばしていった先で、下の写真のような小さい4分岐パーツを使います。

DSCN22014分岐コネクター

6個使いたいので、まあ、4個をこの4分岐コネクターから取って、あと2個を大本の5分岐コネクターからとって、よし、完成。

と思ったのですが、そうすると4分岐の方の水の出、水圧がとても弱かったです><

スプリンクラー自体にもパワー調整がついているので、それを最大にして、水栓も全開でもかなり弱かったです。

ただこのあたりは、各ご家庭の水道の水圧によると思いますので、お試しいただければ、と思います。

4(5分岐からの1つの分岐を4分岐コネクタで分岐したもの)+2(5分岐から直接)では4の方が弱かったため、

2+2+2にすることにしました。それぞれ、5分岐から出してきて4分岐コネクタを取り付けてそこからそれぞれ2本ずつスプリンクラーにつける、という方法です。

ちなみにこのコネクタ、4mmのホースを挿していくのですが、とても硬い感じです。

水圧で抜けたりしないようにする配慮だと思うのですが、結構指先に力が要ります。

そして4分岐コネクタの方はプラスチック製のパーツなのでそんなに強度がありません。

少し斜めに力を入れてしまうと・・・

DSCN2200挿し口が1本折れてしまった4分岐コネクタ

ポキッとこうなります><

4分岐コネクタは2個入りで450円程であるとはいえ、これは注意したほうがよさそうです。

このために2回ホームセンターに行きました^^

とはいえ、全体としては2回目である、ということと今回のタカギ製のものが接続などがとてもわかりやすい、ということもあり、設置にはあまり時間はかからず、手早くできました。

コネクタなどの消耗松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック


自動散水システムに挑戦 パート2

2010/05/01

こんにちは、八幡市、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

昨日のことです。

以前よりの懸案事項であった芝生の水やり。

冬場はあまり水やりをしなくてもOKだったのですが、これからの季節、芝生には毎日の水やりが欠かせません。

とはいうものの面積があるだけに、毎日水やりだけで20~30分かかってしまいます。

なんとかならないものか、と思い、以前のブログに書いたような自動散水システムを設置することにしました。
http://www.ayumiblog.com/archives/51367412.html  以前の自動散水システムについてのブログ

以前はお試しで鉢植えにだけ簡単に設置したのですが、今回は正面側の芝生部分全てに行おう、と思いました。

まずは道具の買い出しです。

以前はパナソニック製とタカギ製で迷って、パナソニック製にしましたが、この製品は、地下散水栓から製品へのホースが洗濯機用である、と少し特殊で、その為にコネクターなど、少し苦労いたしましたので、今回はタカギ製のものを使いました。

ayahadio_4975373014847タカギ製の自動散水システム

後にも書きますが、結果としてこれがよかったです。

給水、排水(水を入れる側と水を出す側)が共に良くホームセンターで売っているようなコネクターが全て使えるので、設置や買い足しなどがとてもわかりやすくて楽でした。

ただ、地下散水栓からだと別売りパーツが一つ必要なので、買い忘れないように注意が必要です。

DSCN2189購入した部品を並べてみました。

まずは地下散水栓に本体を設置します。

上の写真の上の方に写っている銀色のパイプのようなパイプを使うのですが、これの設置にはモンキーレンチあるいはペンチのようなものが必要でした。

とはいえ5分程で設置できると思います。

DSCN2190地下散水栓に延長パーツと本体を設置したところ。

そこから耐圧ホースを伸ばしていき、今回は、スプリンクラー6個と散水ホース(ホースに多くの小さい穴があいていて、そこから水が出る仕組みになっているもの)を使う予定だったので、2分岐コネクタを付けた後、片方に散水ホースを取り付けました。

DSCN2204散水ホースからコンクリート部分に向けて水が出ています。

上の写真の青いホースが自動散水ホースです。まずは10mのものを設置しましたが、延長も可能なので、あと5m延長しようと思います。

今回水の出る向きを建物のコンクリート側に向けました。

なぜかというと・・・物凄い勢いで水が出るんです^^

それぞれの穴が小さいからでしょうか。少し水を出すだけで、かなりの勢いです。

道路に向けると、歩道にも水がかかってしまうため、建物側に向けて、コンクリートから水を滴り落ちさせるようにしました。

かなりいい具合に芝生に水がしみていったり、滴り落ちるようになりました。

この商品は通常の使用だと、かなり広い面積の場合に向いていると思います。

現状では青いホースが見えてしまっているので、土をかぶせるか埋めるかしないといけないですね^^

そしてこれともう一方の分岐(スプリンクラーの方)に、さらに5分岐のコネクタを付けます。

DSCN22025分岐コネクタ

今回は合計で6個のスプリンクラーを使う予定なので、さらにそこから4分岐のコネクタを使います。

ホースから直接分岐させるのはこの5分岐コネクタだけで、もっと数がほしい場合は、

ここから伸ばしていった先で、下の写真のような小さい4分岐パーツを使います。

DSCN22014分岐コネクター

6個使いたいので、まあ、4個をこの4分岐コネクターから取って、あと2個を大本の5分岐コネクターからとって、よし、完成。

と思ったのですが、そうすると4分岐の方の水の出、水圧がとても弱かったです><

スプリンクラー自体にもパワー調整がついているので、それを最大にして、水栓も全開でもかなり弱かったです。

ただこのあたりは、各ご家庭の水道の水圧によると思いますので、お試しいただければ、と思います。

4(5分岐からの1つの分岐を4分岐コネクタで分岐したもの)+2(5分岐から直接)では4の方が弱かったため、

2+2+2にすることにしました。それぞれ、5分岐から出してきて4分岐コネクタを取り付けてそこからそれぞれ2本ずつスプリンクラーにつける、という方法です。

ちなみにこのコネクタ、4mmのホースを挿していくのですが、とても硬い感じです。

水圧で抜けたりしないようにする配慮だと思うのですが、結構指先に力が要ります。

そして4分岐コネクタの方はプラスチック製のパーツなのでそんなに強度がありません。

少し斜めに力を入れてしまうと・・・

DSCN2200挿し口が1本折れてしまった4分岐コネクタ

ポキッとこうなります><

4分岐コネクタは2個入りで450円程であるとはいえ、これは注意したほうがよさそうです。

このために2回ホームセンターに行きました^^

とはいえ、全体としては2回目である、ということと今回のタカギ製のものが接続などがとてもわかりやすい、ということもあり、設置にはあまり時間はかからず、手早くできました。

コネクタなどの消耗松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック


芝生の自動散水システムに挑戦!!

2010/03/20

こんにちは、松井山手・長尾、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

ここ何回かの休診日の時間を使って、以前からやりたかった自動散水システムに挑戦してみました。

自動散水システムというのは、芝生や鉢植えなどに、毎日9時から5分間、や、1日おきに11時に10分間、というように、自動で水やりをしてくれるシステムです。

芝生などについて調べたところ、あゆみ歯科にあるような芝生や半常緑樹の場合、冬場は1週間に1回、もしくは水やりなしでもOK、ということでしたが、これからの季節や夏場はそうはいきません。

http://shibafu.enjoy-gardening.com/index.html
芝生のお手入れなどについて詳しく書かれているサイト、とても参考になります。

あゆみ歯科クリニックは芝生や鉢植えなど、水やりをするところが多く、これからの季節、毎日、あるいは1日2回、という水やりはかなりの作業量になるなあ、と思い、以前からどうすればいいか、色々と調べていました。

そこで出てきたのが自動散水。

上に書いたように、自動で毎日水やりをしてくれます。

011a診療室通路の一番先にシマトネリコの鉢植えがあります

実はあゆみ歯科の通路の先のシマトネリコ(半常緑樹)がちょうど雨のかかりにくい位置にあるため、少し枯れかけてきていた、ということもあり、まずはこの大きい鉢植えから挑戦してみることにしました。

これでうまくいけば、表側の芝生にも導入していこうと思います。

まずは自動散水システムで調べたところ、
タカギ製(水道のホースやコネクタで有名な会社です)のものと、パナソニック製のもの、ウォーターガーデンという会社のもの、などが見つかりました。

tels_ey4100pdx2-h パナソニック製

ayahadio_4975373014847タカギ製

img01ウォーターガーデン製

この中でウォーターガーデン社というのは、海外のメーカーで日本ではインターネット販売と数少ない代理店でのみの販売、ということでアフターケアやパーツの取り寄せなどが不安だったので候補から外しました。

そしてタカギ製とパナソニック製、、、悩みました。

ともに多くのホームセンターなどで取り扱っていますので、入手は簡単だと思います。

両者を比べたところ、

 ・タカギは本体を蛇口に直接取り付けるタイプ。

 ・パナソニックは、蛇口から洗濯機用のホースを取り付け、それが本体にささる。

という給水方法の違いがあります。

あゆみ歯科クリニックの蛇口は地下散水栓(地面にボックスがあって、その中に蛇口がるタイプ)だったので、蛇口に直接取り付けるタカギのものだと、専用の部品が必要、ということもあり、まずはパナソニック製を購入しました。

購入後知ったのですが、現在パナソニックではこの商品の取り扱いを停止しているようです。

では売っていないのかというとそうではなく、この商品、元々は全く別のメーカーが作っていて、パナソニックへOEMをしていたようです。

http://www.weblio.jp/content/OEM OEMとは

なので、パナソニックの名前をついたものと、そうでない名前(ホームセンターにあったのですが、名前を忘れてしまいました><)の会社のものでは、箱も中身も全く同じなのに、定価が2倍くらい違いました。

近くのホームセンターで本体と、その先につける部品やホースやコネクタを購入し、さっそく取り付けを始めました。

DSCN2056自動散水システムの本体とコネクタ、ミニスプリンクラー

始めてみると水道の口とこのコネクタが合わない、ホースの強度が足りず水漏れがする、やっぱり分岐させたい、など、色々試行錯誤が必要でした。

そのたびにホームセンターに足を運び、担当の方に色々と教えていただき、部品を買いそろえて行きました。

担当の方、とても親切に教えて下さって、又、一緒に考えて下さって、誠にありがとうございます。

DSCN2065蛇口に洗濯機用のホースを取り付け

まずは蛇口に洗濯機用のホースを取り付け、本体とつなぎます。

本当は本体へ行くまでの間に分岐を作りたかったのですが、本体が洗濯機用の規格だったため、なかなか部品が見つからず、

DSCN2063左が外用の2分岐コネクタ、右が蛇口→洗濯機用外用の2分岐コネクタ

写真の右のような部品(蛇口に直接取り付け、洗濯機用と外用の2分岐が可能)を購入してみました。

が、、、

地下散水栓に入りきらず、本体手前の分岐を断念。

写真の左のコネクタを使っての、本体から後の分岐にすることにしました。

なぜ本体より前での分岐にしたかったかというと、この自動散水システムの本体は連続運転(連続でずっと水を出し続ける)という機能がなく、最大でも30分までしか出せないため、この本体より後で分岐させると、30分以上水を出しっぱなしにしたいときに困るかなあ、と思ったためです。

とはいえ、そんな機会がそう多いわけでもないので、今回は本体後の分岐で満足いたしました。

DSCN2066
本体から鉢植えへ向かう途中の2分岐、通常のホースなどはここから使用します。

DSCN2064鉢植えに刺したミニスプリンクラー

そこから耐圧ホースをさらに伸ばし、お目当てのシマトネリコの大きな針上へ。

そしてそのなかにミニスプリンクラーを刺して完成です。

無事実験も終わり、今では毎朝9時に5分間ずつ水やりをしてくれています。

心なしか最近少しシマトネリコが元気になり、緑が多くなった気がします^^

とても便利で楽になりますね。

鉢植えの数の多いご家庭や、芝生のあるご家庭などではとても重宝するのではないかなあ、と思います。

次は表の芝生部分に自動散水システムを導入しようと思います。

またレポ、レビューをブログいたしますね^^

京都 松井山手 八幡 京田辺 あゆみ歯科クリニック

松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック


医院の紹介

京都 八幡 松井山手 京田辺
あゆみ歯科クリニック

「歯医者」という感覚ではなく、新しいスタイルの歯科医院を目指しています。 一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

               


アーカイブ