インプラント治療 1 左上の奥歯がなくなったところにインプラント治療を行った一例

奥歯がなくなると、とても食事がしにくくなります。

治し方としては入れ歯やブリッジ、インプラント、というものがあります。

その中のインプラント治療の特徴としては、保険適用外で、あごの骨の状態によってはできない可能性がある、

という反面、とてもしっかりと噛めるため、

今まで軟らかいものしか食べれなかった方や、「噛むたびに入れ歯が痛かった」というような方でも、

しっかりと何でも食べられるようになり、おいしく食事の時を過ごすことができる、という利点があります。

治療としてはまずしっかりとしたCT診断を行い、

インプラント症例1-4

骨の状態、どのようなインプラントを行うか、本数、入れる場所、かかる治療期間、金額などをしっかりと説明し、治療を進めていくかどうか判断していただきます。

すぐに手術が可能な場合は、ご予約をお取りして手術を行い、通常は2~3カ月待ちます。

その後、上の歯の型どりなどをして歯を作っていきます。

この場合は、左上の歯が3本ない状態でしたので、

インプラント症例1-1

2本のインプラント治療を行い、

 

そのインプラントを土台としてブリッジをかけました。

インプラント症例1-3

 

今まで歯がなかったところでしっかりと噛めるようになったため、とても食事などがしやすくなったのではないかなあ、と思います。

松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック