八幡市のあゆみ歯科クリニック院長、福原が八幡市、松井山手近郊の方々に綴るブログ

八幡市、松井山手、長尾のあゆみ歯科クリニック

あゆみ歯科あふれる笑顔ブログ

松井山手、長尾の歯医者さん|八幡市のあゆみ歯科、院長ブログ > あゆみ歯科ブログ > セミナー・研修シリーズ③ straumannソケットリフトセミナー

セミナー・研修シリーズ③ straumannソケットリフトセミナー

2014/12/05

こんにちは、八幡市のあゆみ歯科クリニック、院長の福原です。

 

セミナー・研修シリーズの第3弾は10月26日に受講したstraumannソケットリフトセミナーです^^

s-IMG_1918

そう聞いても、なんだそれは、と思われると思いますので、解説いたしますと、、

まずstraumannというのは、あゆみ歯科クリニックで主に使用しているインプラントのメーカーの名前です。

 

インプラント治療というのは、歯がなくなったところに、チタンでできたネジのようなものを入れ、その上にかぶせ物を行う、という治療です。

IMAGES_0009199_1

そのインプラント自体にも大小様々なメーカーがあります。

 

同じテレビといっても、パナソニックもあれば、ソニーや東芝もある、というような感じです。

 

その中でstraumann(ストローマンと読みます)は、アストラやノーベルというメーカーと並んで世界3大メーカーといわれており、その中でも昨年度は世界シェアが1位だった大手メーカーになります。

 

大きいメーカーだから良い、というわけではありませんが、出荷本数や手術後経過の本数が世界で一番多いということは、それだけ製品にも信頼性が出ますし、次の研究開発も大々的にできるので、結果より良い製品になりやすいことはどんな工業製品にも共通のことかと思います。

 

今回のセミナーではこのstraumannのインプラントを用いて、ソケットリフトという治療方法を実習を交えて学びました。

 

s-IMG_1917

 

上の奥歯にインプラント治療を行う場合、骨が少なくてそのままではインプラントができない場合ということが多々あります。

ソケットリフトというのは、その骨が少ない部分の内部に人工骨などを足してインプラントを治療を可能にする、という治療方法です。

 

illust03

簡単に言うと、今まで骨が少なくてインプラントが出来なかった場所にインプラント治療を可能にする方法、ということです。

歯がなくなった場合の治し方には入れ歯、ブリッジ、インプラント、経過観察、と何種類かの治療方法がありますが、咬みやすさ、自然な感じ、見た目、どれをとってもインプラント治療が性能面では優れているのではないかと思います。

 

今まで「骨が少ないから」という理由で無理だと思っていた場所にもインプラントを行うことができるようになれば、よりご来院の方々のQOLの向上に貢献できるのではないかと思います。

 

s-IMG_1920

 

これからも、より進んだ治療方法、新しい治療方法などの研鑽に励んでいきたいと思います。

 

 

 松井山手、長尾の歯医者さん、八幡市のあゆみ歯科クリニック


Facebookでシェア

Comments are closed.

医院の紹介

京都 八幡 松井山手 京田辺
あゆみ歯科クリニック

「歯医者」という感覚ではなく、新しいスタイルの歯科医院を目指しています。 一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

               


アーカイブ